自動車 強制保険

自動車の強制保険について

自動車を運転する際には強制保険に入る必要があります。
この自動車の強制保険は自賠責保険といわれるもので、自賠責保険への加入は法律的にも勤務づけられています。
車を購入する際には手続きをディーラーがしてくれますのでたいていの人はそれほど意識せずに手続きを踏むことができます。

 

 

この自賠責保険は、事故などによって被害者が死亡した場合や重度の後遺症が残った場合に補償を払うための保険です。
しかし対象が限定されていたり保証額が十分でなかったりする問題があります。
ですのでそれを補うために普通は任意保険に入る必要があります。
こちらは強制ではないのですが、助手席に乗っている人に対しての保証や自分自身のけがの治療などを
考慮すると車を運転する人は入るべき保険と考えることができます。

 

 

最近は、強制であるはずの自賠責保険にすら入らず事故を起こした際に被害者に保証することができない
悲惨な状況に陥る人も増えています。
車を運転するすべての人は、自分が加害者になりえるということを自覚して必ず保険には入るようにしましょう。